出産祝いを贈るのにもマナーが必要?お祝いを渡すときの常識

インターネットで調べられる

インターネットが普及している現代では、簡単に気になる情報を調べることができます。そのため、出産祝いのマナーを知りたい!という人は、手持ちのスマートフォンやパソコンなどを使って調べてみてください。

出産祝いを贈るのにもマナーが必要?お祝いを渡すときの常識

乳児

ベストタイミングは生後三週間頃

友人や職場の同僚に、出産祝いを贈るなら生後三週間頃に渡しましょう。産まれたばかりの時期に、訪ねてしまうと迷惑になってしまう可能性があるため注意が必要です。親しい間柄の場合は、産まれて直ぐに顔を見に行っても良いかどうか確認しておくと迷惑にはなりません。

自分の体調を把握しておく

大人の場合、多少風邪を引いているぐらいなら約束を断らずに会いに行くことはできますが、生後間もない子供が居る家庭に遊びに行く場合は辞めておきましょう。子供や母親に風邪を移してしまうと大変だからです。特に、母乳育児をしている母親は、風邪薬を飲めない場合もあるため体調が良い日に会いに行きましょう。

メッセージの内容にも注意

出産祝いの品にメッセージを添えるときも、注意が必要です。例えば、ブラックジョークは親しい間柄でも控える・赤ちゃんの性別を確認する前に性別の話をする・忌み言葉を使うなどには特に注意しましょう。なるべく、お祝い言葉をメインしたメッセージカードを作成してみてください。

出産祝いを渡すときに気をつける点とは

小さい子供は一緒に連れていっちゃダメなの?

そうですね、なるべく小さい子供と一緒に出産祝いのプレゼントを渡しに行くのはやめておきましょう。産まれたばかりの赤ちゃんは、子供の大きな声にビックリして泣いてしまいます。行くときは大人だけで行くようにしましょう。

どのぐらいの人数で行くべきでしょうか?

出産祝いのプレゼントを渡すのが目的なら、なるべく少人数で行くようにしましょう。他にも、産まれた赤ちゃんの顔を見たいという人は、日をずらして別の日に行った方が良い場合もあります。

風邪を引いているときは中止するべき?

はい、風邪を引いているときは連絡をして行くのを中止しましょう。マスクを着用していても、風邪を移してしまう可能性があるため、しっかりと風邪が治ってから行くほうが安心です。

どのぐらい居ても良いのかな?

そうですね、出産した母親との間柄にもよりますが、なるべく長居するのは避けた方が無難です。出産してから日が経っている場合でも、育児で疲れている可能性もあるため、長居するのは避けましょう。

出産直後は避けた方がいい?

はい、出産した翌日はなるべく面会に行かないようにした方が良いと言われています。出産するのには、体力を使うため疲れ果てている事がほとんどです。そのため、顔を見に行くなら日を置いてから行きましょう。

広告募集中