出産祝いって何が嬉しいの?貰う側の意見を調べる

贈る前に確認しよう

出産祝いを贈ろうと考えている人は、贈る前に幾つかのポイントを確認しておきましょう。プレゼントが被ってしまった・・・というケースを避けるためにも大切です。

出産祝いを贈るときに気をつけるポイント

贈る時期

出産祝いを贈るときは、渡す時期を考えるのも大切です。産まれた日に、プレゼントを持って行くと出産で疲れ果てている母親にとっては負担になります。そのため、事前にいつ頃行った方が良いのか聞いておきましょう。

相手が喜ぶかどうか

せっかくプレゼントを贈っても、相手が喜んでくれないと意味がありません。そのため、どういった物が好みなのか事前に調べておきましょう。子供に対して贈る物でも、母親好みの物をプレゼントした方が喜ばれます。

他の人と被っていないか

他の人と出産祝いが被るのを避けたい!という人は、事前にどんな物をもらったか確認しておくのも一つの方法です。何を貰っているか、いないのかを知ることができるため被るのを未然に防ぐことができます。

金額

出産祝いのプレゼントを贈るときは、金額にも気をつけましょう。あまり高価な物を渡してしまうと、お返しに悩んでしまう場合があります。そのため、高すぎる物ではなくお返しに困らない程度の金額にした方が良いと言われています。

消費期限があるかどうか

お菓子など、消費期限のある物をプレゼントする場合は期限の短い物ではなく長い物を選ぶようにしましょう。短すぎてしまうと、消費するのに困ってしまいます。焼き菓子などは、期限が長いため好まれています。

出産祝いって何が嬉しいの?貰う側の意見を調べる

赤ちゃん

消耗品は喜ばれる

子供が産まれると、紙おむつ・おしりふき・ミルクなどの消耗品にはお金がかかります。そのため、出産祝いで消耗品類を貰えると助かる!という声を多くの母親から寄せられています。紙おむつやおりしふきなどは、種類が多いため、初めて子育てをする母親にとっては、どれを選んで良いのか分からないため、色々なメーカーの紙おむつを試している人も少なくありません。しかし、中には、子供の肌に合わないタイプもあるため買ったは良いけど、使っていない・・・という場合も少なくありません。何回も買い換えると経済的にも負担になってしまうため、紙おむつやおしりふきをプレゼントでもらって、試しに使ってみたいと思う人も多いと言われています。

知育系オモチャも嬉しい

子供は、あっという間に成長してしまうため知育系のオモチャを貰えると嬉しい!という声も少なくありません。出産を控えた家庭は、出産に必要な物を揃えるためにお金を使ってしまうためオモチャを買って準備しておく人は少ないと言われています。そのため、産まれたばかりの子供にも使える知育系のオモチャが喜ばれているのです。知育系のオモチャと言っても、様々な種類があるため値段的にも出産祝いには最適なのです。

母親に贈る

出産祝いは、基本的に子供に対して贈られていますが、頑張ったのは母親も同じです。そのため、母親向けに出産祝いを贈る人も中には居ます。母親に贈るなら、子育て中も使えそうな大きなカバンや母親好みの物などを選んでみてくだださい。写真を撮る機会が増えるため、写真立てなどをプレゼントするのも良い方法です。

広告募集中